活用術

トップ> 活用術 > 無線画像伝送技術の活用術(医療)

無線画像伝送技術の活用術

医療の分野で

一瞬のミスも許されない医療の現場でも、院内感染防止や医療作業の自由度の高さから、高品位無線画像伝送技術が注目されています。また、顕微鏡手術や遠隔医療現場では伝送時に発生する遅延が許されません。
一般的に無線LANや携帯電話の伝送では遅延が避けられないで、これらの目的に対処できないと云われています。 また、映像の秘匿性にも配慮が大切です。

手術画像伝送装置

高度に専門化された医療の現場では、1人の医師が必ずしも十分な判断を行えないケースがあります。この場合、高画質映像やデータを手術台から別の箇所に伝送したり、録画することで、複数の専門医によるアドバイスが得られます。

この伝送設備には、執刀中の医師の作業性を損なわないこと、遅延のない安定した高品位画像を伝送できること、ケーブル施設から発生する院内感染原因を排除できることという要求からも、高品位無線動画伝送技術が注目されています。

ページの先頭へ